スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント -

深夜2時頃、帰宅途中に焼死体を発見したんだが、何故か疑われて・・・

今までにあった修羅場を語れ 16
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1402841031/

432: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 21:54:24.66 ID:C5/JlSTI.net

じゃー、グロな修羅場

十年位前の話。
当時の職場で、あるシステム開発でデスマーチ中。
連日帰宅は深夜2時、3時だった。
住んでいるところはド田舎だったので、
車で田んぼしかない農道を爆走中、交わっている道路脇が燃えていた。
ちょうど陸橋の橋脚の下になっている部分で火の手が上がっている。
あんなところでこんな時間にゴミも燃やさないだろうしと思い、
一時停止して窓を開けると、肉の焼ける匂い。
車を降りて恐る恐る近づくと、天をつかむポーズの黒焦げのおそらく男が燃えていた。
見る限りもう息はなかった。灯油でもかぶったのか油のにおいと黒い煙。
横には汚い荷物満載のママチャリ。焼死体を見たのは初めてだった。
これが第一の修羅場。

焦って119番にTEL。
10分程で消防車、救急車、パトカーのフルコンボになぜかタクシーも到着。
消防が消火し、自分はパトカーにおいでおいでされて事情聴取。
個人情報から発見時まで事細かに聞かれ、
なんでこんな時間に帰宅しているのかを聞かれたのが第二の修羅場。

その当時の職業は、まー世間的にはまっとうな職種で、
こんな時間まで働くような職場だと思ってくれず、
仕事帰りだと信じてもらえない感じだった。
若干、疑われ気味の中、消防士が入ってきて初期消火はなぜしなかったと。
これが第三の修羅場。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。